わかめんのへや ~りせブログ~

主に神奈川を拠点とする銀符プレイヤー。他にはMTGなども。 出没するのはアキバから横浜あたりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第33回東方銀符律公式大会

こんばんは、かめです()
今回は1週間ぶりとずいぶん短いスパンでの更新になりますのは、週末に行われた東京公式のレポをあげようというわけで。
仙台、大阪に続いて3週連続の公式大会となったわけですが、果たして今回はどんなデッキが優勝するのか、そして月日ゆからんは今回も通用するのか非常に興味深い大会でありました。
とかいいつつ、雪花に浮気しそうになったのは秘密です・・・()

第33回公式大会 in綾瀬 参加者72(?)名 確定6回戦


1回戦 宙日 ○
先攻賽銭箱経由でゆからんから橙アグレパンチまで。返しに相手は日蓮子、8.0宙布都、メルランと並べ、殴り合いの様相。どうやら布都能力からEX1の陣営持ちが帰ったら蓮子能力を叩くデッキのようでした。まぁ倒壊も飛んで来ないとなればさすがに殴り合いには負けません。そのまま押し切って勝ち。

2回戦 雪花 邪夢まみれさん ○
相手は公式優勝経験もある邪夢さんということで2回戦から強豪に当たってちょっとげんなり。初手レイムでエンドされます。
返しに諏訪子対応藁人形対応永夜返しで諏訪子着地に成功。そのままゆからん橙までつなげて最高の滑り出しをします。さすがに相手はレイムいるので次ターンの除去は覚悟していたら、小傘登場から能力で雪コストを引っ張れず、妖が撃てなかった模様。
さすがに次のターンフルパン16点を叩いてしまえばいくら雪花といえど優位は揺るがず。

3回戦 月日ゆからん ○
実はこの試合、初のゆからんミラーでした。ミラーが公式で起きるほどゆからんも成長したんだなぁ、と感慨深い気持ちになりつつも気を引き締めていきます。
相手初手賽銭箱からゆからんサーチ+橙まで。こちらの諏訪子には対応きのこ、倒壊を引けたのでゆからんに撃ってフラットにし、メルラン追加でエンド。少し待った後に再び相手はゆからん降臨。こちらはゆからんを引けず、藍のみ追加するも厳しい戦いを強いられます。途中相手がハンドを0にしたターンがあり、そのタイミングでメルラン3ドローで紫を引けたのでゆからんタッグ+パーフリで一気に形勢逆転。あとはにとめーりんでごまかしつつ打点レースで上回って勝ち。
ピン投の倒壊がなければ確実に負けている試合でした。

4回戦 雪日諏訪子 ○ 藤島中将さん
下階段で当たったのは桜新町の大会主催者の中将さんでした。こちらの
先手ゆからん橙パンチから落ちる西行妖。相手の諏訪子にはしっかりきのこを刺し、永夜返しキープしつつ盤面をリードします。途中でさとりがこいしとタッグしてにとりが奪われるも、そんなの関係ねぇ!とばかりにゆからんで殴ってたら一気に妖が落ちていきましたとさ。
さすがに除去の飛んで来ない雪には負けるわけにいかずそのままゆからんが殴り続けてゲームエンドまで。

5回戦 雪日ゆからん ×
相手は除去とゆからんを組み合わせた恐ろしいデッキ。さすがにこの雪環境で雪日ゆからんにする度胸はないなぁ…と思いつつ、さすがにデッキ相性で負けを覚悟。
相手先攻のゆからんには空き巣。こちらのゆからんには藁人形飛んでくるも永夜返し。これは行けるか…というところで次ターン即座に飛んでくる妖で打点レース2対6の超絶不利な展開に。その後も紫からなんとかゆからんを持ってこようとするも再び妖。こちらがゆからんを着地させたころには打点差が20枚ほどついた後でした。残念…。

6回戦 雪月花 魔界天使 ○
さて6回戦は最終戦の弱さに定評のある(?)魔界天使くんでした。ゆからんにビビってくれるもこちらが初手に展開できたのはメルランのみ。しかし、相手も蓮子エンドとおたがい苦しいスタート。
次ターンこちら諏訪子展開するもしっかりきのこを撃たれるが、打点レースは有利に。相手2.0花橙が登場して少し焦るも、結局相手の蓮子には空き巣、こちらのゆからんには妖が飛んでくるメタ合戦になり、終始打点をリードしていたこちらの勝利に。
この試合だけは完全に月日の動きをして勝ちました。


ということで結果は最終戦績5-1の3位入賞でした!やはりゆからんは強かった!

結局壇上は雪花×2、雪日ゆからん、雪日諏訪子、月日ゆからん×2と見事に雪絡みorゆからんのみでしたね。
基本的には大阪の結果とあまり変わり映えはしないものの、ゆからんを意識してゆからんを踏みつぶす雪日ゆからんが上位に食い込んでいるのが興味深いです。
雪日ゆからん月日ゆからんに対してはさすがに強いものの、雪花や雪日などの既存の雪に対する耐性は永夜返しのない分若干落ちている模様。まだレシピが上がっていないので詳しいことはわかりませんが、全試合勝ちきるのであればやはり月日ゆからんの方が安定した戦績は出せるのかな、と思いました。

全体的には予想通り、いや予想以上にゆからんが蔓延していた模様です。体感雪がらみ5割、ゆからん3割、その他2割とかそんな感じでしょうか。
僕のデッキもさすがに今回はミラーを意識して雛の枚数を減らして倒壊を1枚積んでいます。他に変更点はなく、ほんの微々たる差ですが、3回戦で活躍してくれたところをみるとうまく働いてくれたようでなによりでした。

なにはともあれ、雪VSゆからん最終大決戦!といった感じである意味クソゲーでしたが、当事者としてはそれなりに楽しめた環境でありました。優勝のふるでさんはおめでとうございます!
大会後の飲みも楽しかったので、こんな感じでみんなで集まって騒げる機会があれば積極的に参加していきたいですね!

ということで参加された皆さんお疲れ様でしたー
ではまた!ノシ







スポンサーサイト

PageTop

大阪公式レポ&月日ゆからん考察 前編

こんにちは、若MENです。
またまた1ヶ月以上もあいてしまいましたね・・・
某○○亭ブログのように更新頻度を上げたいものですが、なにぶん一人で書いているとネタがないもので()
大きな大会や、面白そうなデッキを思いついたら随時更新はしていくつもりではありますよ。

ということで今回は大阪公式のレポートとその使用デッキについて考察していこうかと思います!


今回使用したのは月日ゆからんデッキなのですが、このデッキは仙台公式前に諏訪子とゆからんを組み合わせたデッキを作ったら強いんじゃね?ということである方に原案を頂き、それをもとに自分なりに組んでいったものです。
仙台公式では完成したレシピをそのまま持って行って結果を残したようなので、大阪では少し焦りを感じていましたが果たして結果は・・・?

第32回公式大会 in大阪 参加者54名 確定6回戦

1回戦 雪tグレイソー ○
いきなりのニコ生放送卓。この試合が6試合通して一番きつかったです・・・()
先攻ゆからんからアグレ橙を決めるも落ちるはみょんぎつね。返しにゆゆみょんタッグと妖を決められ、一気に形勢逆転されます。雛やメルランでなんとか場をつなぎつつ、賽銭箱を引けたのでゆからん再登場。
しかしすでに相手は白蓮、早苗、ゆゆみょんのフルパン体勢に加え、阿求登場。これはさすがに負けたか・・・というところでハンドにはみとり。
みとりプレイに加え、相手ハンドが枯れたのを見て中央白蓮にパーフリ。これで相手は詰め切れなくなり、なんとか勝ちを拾いました。完全に負け試合を拾えたので嬉しい限りでした。

2回戦 雪単 ○
諏訪子→ゆからん→橙の天和。除去にはしっかり永夜返し。
危なげなく勝利です。

3回戦 月単 minatoさん ○
実は全然覚えてないんですが、相手中央AF輝夜、こちらはメルランゆからん蓮子と展開したはいいものの、倒壊を撃たれたのを覚えています。月単相手にゆからんなしで勝つのはほぼ不可能なのでにとりから藍と紫を拾ってくるプレイ。なんとか両方そろって再び降臨してからは倒壊は撃たれず。
途中梅雨亭を決められはしましたが、永琳を出されることもなく無事勝利できました。

4回戦 雪日諏訪子 あるじさん ○
2回目の放送卓は個人的に戦績の悪いあるじさんでした。
先攻初手の諏訪子には藁、妖飛んで来ず、そのままゆからんからアグレ橙出す天和
相手の諏訪子にはしっかりきのこを撃つも、メルラン、レティ、1.0メディスンと展開され、ゆからんを消されると厳しい展開に。
ゆからん除去を防ぐためにメディにはみとりでゲームを進めていきます。その後しっかり空き巣も引けたのでレティには空き巣。これでゲームが決まったかと思いきや、小町から妖をハンドに加えられ、再びゆからんピンチ。
永夜返しは引けなかったので藍と紫をハンドに構えつつ、パーフリで諏訪子をロック。相手のハンドは妖なので剥がされない読みでした。
諏訪子は起きないままで、ゆからんには妖。返しにしっかりおかわり着地からアグレ橙。再び除去されることはなくグレイズされるも宙橙登場で詰めまで。

5回戦 雪月妖魔本 Lazyさん ○
本日3回目の放送卓。妖魔本という謎の響きに気押されつつも、使うは強豪Lazyさんということで気を引き締めて臨みます。
じゃんけんには勝ち、諏訪子、ゆからん、橙の天和を決めます。この回りをしたら基本的には負けないんですが油断は禁物です。相手はレミリアストーカーから月レミリア登場で除去か妖魔本を引きにいったようですが引けず。
中盤になって小町から妖を回収、次ターンに除去を撃たれますがデッキ差は圧倒的。おかわり出せなかったもののそのまま押し切って勝ちました。

6回戦 宙単 らいらいだにさん ○
この時点で全勝は僕1人だったのですが確定6回戦ということで最終戦へ。
ダイスで先攻をもらい、ゆからん、メルラン、橙でハンドには空き巣のこれまたブン回り。宙単には倒壊を撃たれない限りこの回りをすれば負けません。相手がゆからんに慣れていないこともあり、ワンサイドゲーでした。ゆからん強し!


ということで6-0の全勝で文句なしの優勝でした!
ゆからんは全試合初手、3試合は諏訪子絡みの天和と引きが鬼のように強かったので今回会場で一番運がいいのは俺だ!と豪語していたら、ファンタの優勝者にじゃんけん負けてじゃんけん大会できませんでしたとさ()
まぁ今回の結果は出来過ぎにしても、デッキの底力は恐ろしく高いです。そのあたりにお話はまた後編の方のデッキ解説でしようかと。

てなわけで今日の夜あたりにまた更新します!お楽しみにーノシ



PageTop

東方銀符律第28回公式大会

どうもどうも、若MENです。

4月7日に行われました東方銀符律第28回公式大会、今回も行ってまいりましたよ!
使用デッキはもちろん花単
苦手な月も咲夜+静葉投入で対策もばっちり!
これは花単での優勝壇上も夢じゃないぜ!!













1回戦 日花 ×










(((゜Д゜;)))エッ・・・?






相手先攻日勇戯、日魔理沙ぶっぱで負けました・・・。
それでも途中霊夢に神社倒壊撃たれなければ勝ちのところまで頑張ったのですがさすがに相手の引きが完璧すぎた感。こればっかりはどうしようもないっすねー。




このまま続けてもよかったんですが、心をバッキバキに折られてしまったのでドロップしてバトラへ。
本戦壇上の夢が潰えた以上バトラは最多勝狙わないとね!

とにかく早く試合をしたかったので使用デッキはすべて日花諏訪子
くしくも本戦で潰されたデッキと同じでしたw



PM12:00 ×
本戦0-1ドロップなのでなんとかバトラの後ろの方の列に並ぶ。
本戦ドロップの煽りに耐えつつも開始。
幸先よく2連勝するも王者さん、ベルナルドさんに立て続けに潰されヽ(`Д´)ノウボァーってなる。
壇上勢ふんじゃダメですね、これはw



PM1:00 ○
花単にしよーかなーとか思いつつも、気を取り直して日花諏訪子続投。
このあたりから調子よくなり6連勝くらいして(少佐にニッコリほほ笑みかけながら)最多の目が出てくる。

お腹すいた。



PM2:00 ○
なんかうまく先攻とれたり、諏訪子引けたりで相変わらず好調。
調子に乗って勝ち続けるも(軟骨くんにニッコリほほ笑みかけながら)あとから追い上げてくるふるでさんに脅かされる時間帯。

お腹がおこ。


PM3:00 △
そのあとも順調に勝ち続けてこのデッキやっぱ汚ねーなー本戦これでよかったかなー、とか調子に乗っているとついに連勝が途絶える。
日単諏訪子に先攻取られてブン回されて無理ゲーなので早めに投了。
時間って大事だよね!

お腹が激おこ。


PM4:00 ○
なんだかんだで結局そのあとも3つくらい勝って時間切れ。
最後の人とはめっちゃゆっくりプレイして、銀符ってそんな急いでやるもんじゃねーよなー、って思った。

お腹が激おこぷんぷん丸。







ということで結局24戦19勝5敗でめでたく最多勝を達成できました!やったね!

負けたのは月詐欺、雪t日、花単、雪t日、日単かな。
やっぱ雪がらみはつらい感じではありますが、よくよく考えると順当に強豪に当たって負けただけな気もしますw

今回使ったのはすべて日花諏訪子ですが、きっと公式の方にはレシピ載らないと思うので、後でレシピとその解説をのっける予定です。需要があるかは不明ですがw




花単のレシピ?そんなもんありません!()

ではまた!!





PageTop

東方銀符律の集い 春の銀符祭り

どうも若MENです。

今回は浦和で開催されている東方銀符律の集いが大規模な大会を行うとのことで行ってまいりました。
実はその前日に主催メンバーで温泉旅行に行ってきたのですが、そちらもなかなか濃い一日を過ごすことができました。

今回はこりもせずまた花単で出場しました。蓋を開けてみれば花単が一番多かったようなのですが、勝率ははたして・・・
その辺りの話は集いのブログの方で更新されるかと思いますのでそちらをご確認下さいな。



東方銀符律の集い 春の銀符祭り 参加者64人


1回戦 雪t日 RUIさん ◯ 後攻
ブルーフォレスト王国からの遠征勢ですねw
相手雪白蓮、魔理沙、こちら幽香、橙、椛の殴り合い。途中こちらの身代わり一方ダウン時の雛能力で夢想封印が戻ったため、それを大事に抱えて押し切り勝ち。最後の相手のサポートミスにも救われました。

2回戦 宙単 画伯 × 後攻
相手先攻椛、EXルーミア、里香でフルハンデスの構え。
こちらは返しに幽香、天子と並べるもののさすがにハンド差とテンポアドはどうにもならず。
自分のじゃんけんの弱さを恨んだ試合でした。

3回戦 月t宙詐欺 Lukaさん ◯ 後攻
花単が一番苦手な月詐欺の亜種。さすがに相性差と先攻分でキツそうではありました。
しかし幸運なことに幽々子は引かれておらず、にとり美鈴セットエンド。
こちらは咲夜、魔理沙あたり展開したのかな?
その後静葉、リリー、霊夢、小傘と展開出来たので盤面は盤石。
リリーエスケープからここあで夢想封印持ってきたりとイベントも回収した矢先に、紫に緋想の剣。
かなりヒヤっとしましたが、コスト2枚しっかり引いて、夢想封印2連打で勝ち。咲夜静葉がしっかり決まって少し気持ちのいい試合でした。

4回戦 花単 魔界えんじぇぅさん × 後攻
相手先攻幽香、天子。次のターン橙の天和。
こちらも諏訪子と橙込みの展開で返すもさすがに先攻分まくれず。
人間力の差を痛感せざるを得ない感じが切ないですね・・・

5回戦 日単 ○ 後攻
相手お空霊夢エンド。
日単に後攻とられてAF2体展開されてる時点で厳しい上に大妖精も橙もいないつらい展開。
なんとか3/1と魔理沙を出して打点微不利程度に持っていく感じ。
終盤ここぁ込みでなんとか夢想封印を3枚かき集められたのできれいに打って何とかまくり。
やっぱりビートに後攻とられるのは冷や汗ものですw

6回戦 花雪 ○ 先攻
6戦目にしてついに取れた先攻。
上海天子エンドしようと思った矢先の藁人形には跡地に橙。
おかわり天子にも藁人形飛んできてなかなかきつい感じだけどしっかり小傘追加でウィニー展開に。
相手AFが結局橙のみだったため、回復されながらもなんとか3/1で殴りきれました。
反魂メリーは強いけど小傘対面においてくれるならまぁいいかな、っていう。


ということで4-2の残念MENでしたね。
負けた2試合は本当に先攻分がどうにもならない試合だったのであまり気にしてもしょうがないかなぁ、という感じはします。
むしろ苦手な月詐欺を幽々子出されなかったとはいえきっちり対処できたのは嬉しかったですね。
咲夜+静葉コンボは結局その1戦のみでしたがもう少し研究してみても面白いかもしれません。
やはり相当きつい環境なのは間違いないですが、全く勝てないというほどでもないので根気強く頑張ろうかな、という感じでしょうか。
あと、当たり前ですがここぁはすごく強かったです。
静葉や小傘でボトムに持ってきた夢想封印を展開しつつしっかり回収できるのでイベント打てなくて負ける試合が少なくなりました。
いかに月相手であろうと夢想封印を2~3発構える動きができるだけでも相当勝率は上がるはずなので、小傘とここぁの枚数増量をお勧めしたいところです。

また、今回はランキングと並行してバトラにも参加出来たのですが、そちらは日花諏訪子で5-1でした。
こちらのデッキもなかなか未来を感じさせる仕上がりでしたのでもっと研究を重ねたいところです。
うまくいけば日単花単越えもあるんじゃないかとひそかに思っておりますw


そんな感じのお祭りでした。

優勝されたしろたくんはおめでとう!そして企画から主催までしてくれたヨウさんには感謝ですね!
今月の30日にはニコ生の方で限定構築戦を開く予定なので、そちらの方もぜひぜひよろしくお願いします。

ではまた東京公式でお会いしましょう!






PageTop

第27回東方銀符律公式大会

こんにちわんわんお、若MENです。

さてさて、1月13日に東京は綾瀬で開催されました公式大会へ行ってまいりましたのでレポートをあげようかと。
・・・と言ってももうかなり記憶から薄れているので本当に簡潔になってしまいますがww
その代わりと言ってはなんですが、今回使用した7弾環境対応花単についても少し解説をしようかと思います。

1回戦 雪単 先攻 ○
中型には綺麗に妖、藁人形が飛んでくるものの、橙や上海などの小型で押し切り。

2回戦 雪単tザ・ワールド 後攻 ○
先攻相手のパチュリーから飛んでくる西行妖3発・・・。白蓮、フランと着地されて完全に負けゲーでしたが相手のプレミを拾ってなんとか勝ち。

3回戦 花単 先攻 ×
先攻で魔理沙、上海置けたのはいいものの、相手には萃香、橙、魔理沙。
結局この萃香を止めることができずに押し負け。
1枚でもいいからイベントを引きたかった試合でした。

4回戦 花単 先攻 ○
こちら天子、魔理沙、橙が出て、相手の美鈴ににとりを刺せる勝ちゲー。ビートミラーはたまにこうしたワンサイドゲームがあるから怖いですね。

5回戦 雪月 後攻 ○
初手のさとりがだいぶ強い感じ。こちらは上海、魔理沙、霊夢と展開するも霊夢に妖、さらに紫、すくすくと出されてかなり厳しい展開に。
それでもなんとか霊夢おかわりと夢想封印を2枚引けたのでなんとかその分で押し切り。

6回戦 雪t日 先攻 ×
こちら先攻幽香、魔理沙エンドとかだったかな?
返しにパチュリーからマエリベリー、新弾霊夢、メルランまで繋げられてかなりの無理ゲー。
最後諏訪子引けたのでワンチャンスあったものの、1点足りずに負け。
途中フラワーショットで1点だけ入れておけば勝ったらしい、謎w


というわけで4-2の16位ということで入賞ならず。
環境的には雪と月がとても多い印象で花単としてはだいぶ辛くなりましたね。
デッキのチューニングは間違っていなかったと思うだけに厳しい時代になったと感じる次第です。

今回使用したデッキは以下の通り。


1 TH-0146 森近 霖之助
4 TH-0028 リリーホワイト
4 TH-0107 橙
3 TH-0330 大妖精
4 TH-0441 身代わり人形
3 TH-0030 鍵山 雛
2 TH-0152 号外配布
3 TH-0234 上海人形
4 TH-0255 犬走 椛
4 TH-0362 霊符「夢想封印」
3 TH-0402 多々良 小傘
3 TH-0491 河城 にとり
3 TH-0076 守矢神社
4 TH-0406 博麗 霊夢
4 TH-0496 霧雨 魔理沙
4 TH-0037 比那名居 天子
3 TH-0499 幽香
2 TH-0408 伊吹 萃香
2 TH-0039 洩矢 諏訪子

前回からの変更点でも述べておきましょうかね。

・霧雨魔理沙
問答無用に強いパンチャー。何も考えず4投で間違いないでしょう。
サポート処理を行ってしまうと効果が強制処理されてしまうことだけは注意してください。
初手に出すのであれば中央をあけるようにプレイすると次ターンに追加したアタッカーが綺麗にサポートに回れるでそうした細かいプレイングにも気をつけていけるといいですね。

・河城にとり
主に橙、すくすくメタ。ただし月にはきのこがあるので過信は禁物。
そうでなくともDP3あるから突破されづらいんですけどね。
相手に橙+デキボ持ちが出ていて2点稼げるような状態なら優先して出していく感じで。
メタ次第ではありますが、置きたい場面も多いので3投。

・幽香(フラワーショット)
7弾コモンの方。
アンコモンと悩むところではありますが、能力の有用性を考えると断然こちら。
イベントが引けないとき、天子がハンドに溜まっているとき、相手に蓮子出されたとき、能力をしゃべる場面はいくらでもあります。宣言時にカードを切るor枚数を指定するわけではないので、対応でなにかされても問題ないのもポイント。
使ってみるとわかりますがかゆいところに手が届く、非常に使い勝手のいいカードです。
本当は4投したいのですが、枠がなかなか取れず3投。

新弾で投入したカードは以上の3枚です。
デッキ全体としては中型アタッカーを安定して供給できるようになったので、初手の安定度が格段に上がった印象。
ただ、花星と比べて1ハンドブロッカーの枚数は減っているのでチャンプブロックのタイミングにはくれぐれもご注意を。DFにハンドを割きすぎるのも良くないですがある程度固めつつプレイをする必要がありそうですね。

環境的には雪がだいぶ強くなってきた印象なのでいままで勝てていた相手に勝てなくなってしまったのが辛いところ。かと言って小型で攻めれば良いかと言われるとそういうことでもなさそうなのでなかなか難しいですね。
今までよりも先行ゲーやごり押しできなかった時のプレイングにより一層磨きをかけられるよう精進していきたいところです。

簡単にでしたが今回のレポートはこのあたりで。
気が向いたら詳しい環境考察とかやるかもしれませんw

ではではーノシ



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。