わかめんのへや ~りせブログ~

主に神奈川を拠点とする銀符プレイヤー。他にはMTGなども。 出没するのはアキバから横浜あたりです。

第27回東方銀符律公式大会

こんにちわんわんお、若MENです。

さてさて、1月13日に東京は綾瀬で開催されました公式大会へ行ってまいりましたのでレポートをあげようかと。
・・・と言ってももうかなり記憶から薄れているので本当に簡潔になってしまいますがww
その代わりと言ってはなんですが、今回使用した7弾環境対応花単についても少し解説をしようかと思います。

1回戦 雪単 先攻 ○
中型には綺麗に妖、藁人形が飛んでくるものの、橙や上海などの小型で押し切り。

2回戦 雪単tザ・ワールド 後攻 ○
先攻相手のパチュリーから飛んでくる西行妖3発・・・。白蓮、フランと着地されて完全に負けゲーでしたが相手のプレミを拾ってなんとか勝ち。

3回戦 花単 先攻 ×
先攻で魔理沙、上海置けたのはいいものの、相手には萃香、橙、魔理沙。
結局この萃香を止めることができずに押し負け。
1枚でもいいからイベントを引きたかった試合でした。

4回戦 花単 先攻 ○
こちら天子、魔理沙、橙が出て、相手の美鈴ににとりを刺せる勝ちゲー。ビートミラーはたまにこうしたワンサイドゲームがあるから怖いですね。

5回戦 雪月 後攻 ○
初手のさとりがだいぶ強い感じ。こちらは上海、魔理沙、霊夢と展開するも霊夢に妖、さらに紫、すくすくと出されてかなり厳しい展開に。
それでもなんとか霊夢おかわりと夢想封印を2枚引けたのでなんとかその分で押し切り。

6回戦 雪t日 先攻 ×
こちら先攻幽香、魔理沙エンドとかだったかな?
返しにパチュリーからマエリベリー、新弾霊夢、メルランまで繋げられてかなりの無理ゲー。
最後諏訪子引けたのでワンチャンスあったものの、1点足りずに負け。
途中フラワーショットで1点だけ入れておけば勝ったらしい、謎w


というわけで4-2の16位ということで入賞ならず。
環境的には雪と月がとても多い印象で花単としてはだいぶ辛くなりましたね。
デッキのチューニングは間違っていなかったと思うだけに厳しい時代になったと感じる次第です。

今回使用したデッキは以下の通り。


1 TH-0146 森近 霖之助
4 TH-0028 リリーホワイト
4 TH-0107 橙
3 TH-0330 大妖精
4 TH-0441 身代わり人形
3 TH-0030 鍵山 雛
2 TH-0152 号外配布
3 TH-0234 上海人形
4 TH-0255 犬走 椛
4 TH-0362 霊符「夢想封印」
3 TH-0402 多々良 小傘
3 TH-0491 河城 にとり
3 TH-0076 守矢神社
4 TH-0406 博麗 霊夢
4 TH-0496 霧雨 魔理沙
4 TH-0037 比那名居 天子
3 TH-0499 幽香
2 TH-0408 伊吹 萃香
2 TH-0039 洩矢 諏訪子

前回からの変更点でも述べておきましょうかね。

・霧雨魔理沙
問答無用に強いパンチャー。何も考えず4投で間違いないでしょう。
サポート処理を行ってしまうと効果が強制処理されてしまうことだけは注意してください。
初手に出すのであれば中央をあけるようにプレイすると次ターンに追加したアタッカーが綺麗にサポートに回れるでそうした細かいプレイングにも気をつけていけるといいですね。

・河城にとり
主に橙、すくすくメタ。ただし月にはきのこがあるので過信は禁物。
そうでなくともDP3あるから突破されづらいんですけどね。
相手に橙+デキボ持ちが出ていて2点稼げるような状態なら優先して出していく感じで。
メタ次第ではありますが、置きたい場面も多いので3投。

・幽香(フラワーショット)
7弾コモンの方。
アンコモンと悩むところではありますが、能力の有用性を考えると断然こちら。
イベントが引けないとき、天子がハンドに溜まっているとき、相手に蓮子出されたとき、能力をしゃべる場面はいくらでもあります。宣言時にカードを切るor枚数を指定するわけではないので、対応でなにかされても問題ないのもポイント。
使ってみるとわかりますがかゆいところに手が届く、非常に使い勝手のいいカードです。
本当は4投したいのですが、枠がなかなか取れず3投。

新弾で投入したカードは以上の3枚です。
デッキ全体としては中型アタッカーを安定して供給できるようになったので、初手の安定度が格段に上がった印象。
ただ、花星と比べて1ハンドブロッカーの枚数は減っているのでチャンプブロックのタイミングにはくれぐれもご注意を。DFにハンドを割きすぎるのも良くないですがある程度固めつつプレイをする必要がありそうですね。

環境的には雪がだいぶ強くなってきた印象なのでいままで勝てていた相手に勝てなくなってしまったのが辛いところ。かと言って小型で攻めれば良いかと言われるとそういうことでもなさそうなのでなかなか難しいですね。
今までよりも先行ゲーやごり押しできなかった時のプレイングにより一層磨きをかけられるよう精進していきたいところです。

簡単にでしたが今回のレポートはこのあたりで。
気が向いたら詳しい環境考察とかやるかもしれませんw

ではではーノシ



スポンサーサイト

PageTop

7.0レア カード考察

こんばんわんわんお、若MENです。

さて、いよいよ明日(今日?)に迫った東方銀符律7.0発売ですが、簡単にカード考察でもしていこうかと。
今回はとにかく種類が多いのでとりあえずレアだけ、本当に簡単にですが触れていきます。




サリエル
スペックは嫌い。能力は強いのでピン投して反魂蝶で釣ってくると強いかも。

白蓮
ただ強カードその1。ただ能力がかなりビートよりなのでデッキは選ぶ感じすね。

霊夢
強いは強いんだけど、阿求で十分感は否めない・・・

みこ
デフレーションワールドはよ。

パチュリー
自身がタップしない分月パチェよりは強そう。ただこのスペックのキャラをDF先出しすることが強いかは疑問。

はたて
能力もイラストもイケメン・・・///

反魂蝶
ただ強カードその2。メリー釣ってきて3点回復もよし、普通に幽々子釣るもよし。自ターン中ならいつでも使えるのでこのカードを警戒したプレイングは常に必要になってきます。逆に雪側はこのカードを匂わせながらプレイできるとよいですね。


こいし
強いかも。中盤~終盤にかけて安定して3点たたき込めるのは破格。序盤から出したいスペックでないのが問題。

妖夢
専用構築なら・・・

とじこ
個人的には高評価。ただ前環境と比べてこのスペックが相対的に弱くなっているのがネック。なお月使いの人々には不評の模様ww

山田
月けーね、メルランなどと組み合わせると安定したダメージソースに。きのこは嫌いです。

妹紅
メルランのお供に。強いかは知らんです。

幽々子
わざわざ4ハンド使って出したいかは微妙。2.0のが汎用性高いですね。


にとり
高スペック高範囲メタカード。ミラーの橙・静葉・天子、月のしらさわ、日の八卦炉などなど刺さらないデッキはなかなかないんじゃないですかね。

咲夜
静葉のデキボを相手につけて2点バーンできるよ、やったね!!

うどんげ
3/2にこだわりがあるならどうぞ。コスト花花星だったら大活躍でしたね・・・

魔理沙
ただ強カードその3。雑に使っても強いカードデザインはあんまり好きじゃないけどまぁ使いますよねw

早苗
この能力なら中央AFに登場したかった感。グレイソーとのシナジーは考えない方がいいんじゃないでしょうか。

フラン
デキボ1ドローはなかなか。ただファッティであるがゆえにアタックを止められがちなのが辛いところ・・・


美鈴
前なら5/2の4点パンチャー、後ろなら3/4のブロッカー。動ける3コスト4点パンチャーの時点で個人的評価は高め。


あやちゃんはほんとうにめぐまれないこね。

お燐
コスト軽減は嬉しいものの、条件はかなり厳し目。かなりデッキを選びそうなデザインですね。

けーね
強い・・・んだけど枠がない・・・。なおボーナスは消えている模様。

輝夜
強い・・・から何とかして枠を作りたいwwスキマとの相性も○。

えーりん
うーん、難しいかなぁ・・・。


静葉
なんか悪いことできそうで思いつかない。まぁ普通に盤面整理でも強そうではありますが、アンコの姉妹のが優秀かな。

小傘
日のみょんぎつね。普通に日単に数枚挿すだけでも仕事するんじゃないですかね。

布都
突撃副会長は強かった・・・。

諏訪子
銀符的には5枚ないとドロー効果は得られない模様。雪さとりと組み合わせることで永久ドローソースになるのはなかなか強いんじゃないでしょうか。

天子
普通に強いとは思うんだけど、こいつを採用するデッキがあるかと言われると微妙ですね。

マミゾウ
制圧力半端ないっすwwwDFを1ハンドキャラで埋める構築なら強い・・・かも?

多色・星
賢者の石
コストフィルターとしても優秀な上、イベントなのでメリーで3点回復できます。ただ、グレイソーと一緒にデッキには入れたくないかなぁ。

神社倒壊
どの色でも相手キャラに触れられるようになった、ということで環境に与える影響は大きいですね。普通に3ハンドキャラに使っても1ハンド損するだけなので、使いどころには注意。




まだまだすべてのカードをプレイしたわけではないので何とも言えませんが、第一印象はこんな感じでしょうか。
今週末は東京公式ということなので、このカードたちが環境にどのような影響を与えるのか、今から非常に楽しみです。自分は今回も参加する予定ですので対戦することがありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

今回はこんな感じで。ではではー

PageTop

2012年総括

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ということでいまさら()ですが、昨年度の総括的な記事でも書こうかと。
年末はなかなか忙しくてブログを更新する暇がなかったのでこのタイミングになってしまいましたがご容赦くださいw

1月
5弾環境開幕の幻想郷バトラは花雪星で17勝5敗の守矢陣営最多勝でした。
他の陣営では20勝以上している人もいる中で14勝で陣営最多だった白猫軟骨くんと話した記憶があるからこの頃はどうやら面識はあった模様。
イエサブ杯では池袋に遠征して決勝でヨウさんと初対戦したりしなかったり。

2月
2月の東京公式は花雪のフラン型で出て2-2ドロップ。
割とどのデッキにも勝てると意気込んで大会に臨んだら、ミラーに激しく弱いことを忘れていてボッコボコ。
まだまだ詰めの甘さが伺えますねw

3月
花雪の惨敗を受けてこの頃から花星にシフト。
最初は星の枚数が5枚だったり、こーりんが4投だったり、陰陽玉入ってたりいろいろ謎でしたがそれなりに勝ててはいた模様。

4月
第18回公式大会でついに5-1で個人初壇上。
デッキはもちろん花星で1回戦で前回優勝者だったラジアンさんを踏んでの入賞でドヤ顔していた記憶がありますww
というかラジアンさん、緋色さん、魔界天使、土器さん、ハニキンさんって当たり運すごいな・・・

5月
全国大会は最後勝てば壇上というところで負けて5-2。
花星をずっと使い続けていたわけですが、この頃からずっと月単、月t日には苦しめられてきましたね。
まだ対月のプレイングがしっかり身についてなかった印象があります。

6月
ついに6弾環境突入。
アミュレット、萃香、小傘、身代わり人形とカードパワーの高い面々の追加で一躍花星が環境トップに。
この頃の大会はどこを見てもお花畑だった気がします。
南関東ではそれでも根気強く月を使い続けているプレイヤーが約2名ほどいましたが、またそれは別のお話ww

7月
月半ばの東京公式は花星で2-2ドロップ。
ここでもミラーばかりだったわけですが、トップ夢想封印で負けた試合もあり、夢想封印の強さを改めて思い知らされた時期でもありました。デッキに3投しかしていなかったあの頃の自分は何を考えていたのだろう・・・
ちなみにこの時の優勝は永遠の初心者、わさびさんで身内ながら尊敬の眼差しで見ていました()

8月
毎年恒例のチーム戦は、白猫軟骨くん、ミストさんと「チームちりめんじゃこ」で出場。
個人5-1、チーム6-0で優勝を果たします。
ミストさんとはこのとき初対面ということもあり、前々日にチーム内で調整を行ったのですが、どうやらそれが良い方向に響いたようで、大将としての仕事はしっかり果たせたようです。
また、コミケにて天楼庵様より「ぎんふぼん」を出します。初めての試みということもありかなり苦労したものの、約70部を完売できたということで非常に嬉しい出来事でもありました。

9月
月頭に仙台公式があるということで、われらが綱島の面々とともに初遠征。
0回戦敗退するものが続出する中、優勝決定戦含め6-0で悲願の個人戦初優勝を達成しました。
9月の参加プロモのすくすくしらさわの影に怯えながらも蓋を開けてみれば使用者は約1名。
しかし仙台では結果を出せなかったものの、しらさわの登場により月単が環境上位へと台頭してきます。

10月
この頃は仙台の反動から少し花星を離れて、月雪花の通称「わかめコン」を試作運転。
ランキング戦での勝率はすこぶる高いものの、たまに来る事故に悩まされる日々でした。
大阪遠征には行くことができず、ホームビデオ枠を指を咥えて見ていた記憶がありますww

11月
すっかり仲良くなった銀符勢と名古屋へ遠征に行きました。
相も変わらず花星で出場しましたが、結果は3-2と奮わず。
12月の全国へ向けて少し不安な面はありましたが結局自分のデッキを信じることに。
旅行自体は麻雀したり、どうながねこぞくのたたかい(!?)で遊んだり、非常に楽しい旅行でした。

12月
6弾環境最後となる全国大会が開催されました。
調整に調整を重ねて組み上げた花星で6-1の上位入賞達成できて感無量の思いでした。
月プレイヤーのお2人も言っていますが、自分はこの花星というデッキと向き合い続けてきて非常によかったかと思っています。確かにもともとカードパワーの高いデッキではありますが、6~7回戦の長丁場を戦い抜くにあたっては入念な調整が必要となってきます。それに加えて7回戦をミスなくこなすバイタリティと、不利な盤面でもあきらめない粘り強さをほんの少しですが身につけられたかなと思っています。
また、記憶に新しい冬コミでは「ぎんふぼん2」を出したり、ニコ生で限定構築戦を主催したりと企画に関しても大成功な月でした。



と、こんな感じで終わってみればバトラ最多1回、個人壇上2回、チーム優勝1回、個人優勝1回と大躍進の1年でした。もちろん、公式大会だけでなく、Twitterや各大会を通して、銀符勢の人々と仲良くなることができたのも大きな一歩だと思っています。
今年度からはプライベートでも環境が変わるため今までのようにイベントに参加できるかはわかりませんが、積極的に動いていこうと思っているのでこれからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ということで近いうちに7弾の考察でもする予定ですのでそんなかんじでまた次回!



PageTop