わかめんのへや ~りせブログ~

主に神奈川を拠点とする銀符プレイヤー。他にはMTGなども。 出没するのはアキバから横浜あたりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7.0環境 日花諏訪子型考察

さて、ではいよいよ日花諏訪子の考察でも。

今回の公式でも使用者は1名、しかもその方もルーツは全く違うようです。
そんな謎に包まれた日花諏訪子ですが、その仕組みは意外とシンプルかつ合理的な感じ。
日宙諏訪子がありなら日花もありじゃない!とはよく言ったものです。

なおこのデッキを組むにあたって白猫軟骨氏、くろいひと氏の構築を参考にさせていただいたので、この場を借りて謝辞を述べさせていただきます。

それではレシピを。

日花諏訪子 ver.7.0

星(4)
4 TH-0365 レッドUFO

花(31)
4 TH-0028 リリーホワイト
4 TH-0107 橙
3 TH-0441 身代わり人形
2 TH-0152 号外配布
3 TH-0362 霊符「夢想封印」
2 TH-0402 多々良 小傘
3 TH-0553 ここぁ
3 TH-0406 博麗 霊夢
3 TH-0496 霧雨 魔理沙
4 TH-0408 伊吹 萃香


日(25)
2 TH-0138 リリーホワイト
3 TH-0226 ミニ八卦炉
2 TH-0107 橙
3 TH-0425 チルノ
2 TH-0520 秋 穣子
3 TH-0521 幽谷 響子
4 TH-0430 霧雨 魔理沙
4 TH-0530 洩矢 諏訪子
2 TH-0285 伊吹 萃香



・コンセプト
見ておわかりの通り、よくある諏訪子 Deck Winですね。
コンセプトとしてはとにかく早く、でかくといった感じでしょうか。
雪日や宙日の諏訪子のようにこの日花諏訪子にも諏訪子からの明確な勝ちパターンが存在します。
先攻初手諏訪子の着地に成功したらそのまま花魔理沙を右AFに置いてターンエンド。
相手の色がわかったら、次のターンには月なら萃香、それ以外なら橙(萃香の場合もあり)を左AFに置くのが一連の流れです。
このコンセプト通りにゲームメイク出来ればほぼ勝ちは確定していると言えるでしょう。


・諏訪子のサーチ先
本デッキの諏訪子のサーチ先は4種類。
安定アタッカーの魔理沙、ビートキラーの橙、そして最終兵器の萃香といった3種類のAFキャラに加え、1ハンドブロッカーのリリーホワイトを搭載しております。
チルノやメルランも確かに強いのですが、確実にサーチしてきたいものを考えるとこの4種類になるかと。
枚数に関しては6~7枚が安定かと個人的には思っているのですがこのあたりは好みが分かれそうですね。

魔理沙について日4枚、花3枚となっているのは、諏訪子の隣に置くなら花、諏訪子がいない場合は日と明確な色分けができているためです。サーチ手段があるなら4枚積む必要はないと考えました。


・その他のキャラ
諏訪子が出なかったときのことを考慮して、その他のAFとしてチルノ霊夢を、あとのキャラは1ハンド帯を中心にDFキャラを積んでいます。霊夢に関しては今回はアミュレットを積んでいましたが、キャラがかぶって出ないこともあるこのデッキでは夢想封印の方が強そうではありますね。
響子は今回のバトラでも月と雪相手に大活躍したのでかなりオススメです。

・イベント
正直イベントに関しては花単の感覚で積んでしまったのでそこまで練れていないのですが、萃香や八卦炉をつけた魔理沙が止まってしまうのを防ぐための号外配布と、万能タップスペルの夢想封印、少し不安なDF陣を補うための身代わり人形を採用しました。
打点がかなり高いデッキではあるので守矢神社も入れたかったのですが枠がなかなかとれず…、といった感じですね。
このあたりも人によってかなり好みが分かれそうです。

・プレイング指南
プレイング指南、といっても特に難しい点はなく、ひたすら前のめりに行きましょう。
基本的な動きは前述の通りですが、諏訪子を引けないときは素直に魔理沙や橙でビートしていけるはずです。
スキを見て萃香をぶっぱなすのも忘れずに()
またDFに関してはかなり偏りが激しいので、花単のそれよりもかなりチャンプ主体になってしまうと思います。
そのあたりはゲームスピードの速さで補ってあげられるとよいでしょう。
また、日と花の比率がだいたい半分ずつなのでコスト管理はかなり慎重に。
特に終盤花イベントのコスト引けずに負けた、なんてよくある話なので、出来れば構築の段階で少し花に寄せたいところではあります。


こんな感じでしょうかね。
やはりこのデッキの魅力はコンセプトの強さ、でしょうか。
型にはまれば確実に勝てるくらいのポテンシャルを持っているデッキだと思います。
雪がらみにはやはり苦戦を強いられることにはなるのでそのあたりはプレイングでカバーしていけるとよいですね。
それなりに自信のあるデッキなので、ぜひ皆さん一度お試しくださいな。

それではーヾ( ゚∀゚)ノ゙




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。