わかめんのへや ~りせブログ~

主に神奈川を拠点とする銀符プレイヤー。他にはMTGなども。 出没するのはアキバから横浜あたりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花単完全攻略ガイド

ということで花単考察です。
ひとつ前置きをしておくと、今回たまたま1敗ラインに残れただけのプレイヤーの考察なので、間違っている部分はあるかもしれません。ただ、銀符時代から花というカラーリングについては特別思い入れがあるつもりなので「こんな考えもあるのか」程度に捉えていただければ幸いです。
それでは参りましょう!

1.デッキ構築
まずは今回のレシピを先に挙げておきます。

EX1以下(11)
カルデアス 3
ランサー/エリザベート・バートリー 4
キャスター/メディア(リリィ) 4

EX2(49)
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(リリィ) 2
ライダー/マリー・アントワネット 4
ランサー/エリザベート・バートリー 4
バーサーカー/清姫 4
ライダー/メデューサ 4
ライダー/アレキサンダー 3
アーチャー/アーラシュ 4
アサシン/ステンノ 4
アーチャー/エウリュアレ 4
ルーラー/ジャンヌ・ダルク 2
ライダー/マルタ 4
ランサー/ヘクトール 4
宝具展開 2
シールダー/マシュ・キリエライト 4

特筆すべきすべき点はこれといってないごく普通の花単ですが、強いてあげるとすればカルデアスの枚数でしょうか。
なぜ3枚いれるかというと、花単の一番の弱点としてアタッカーが止まりやすく、安定アタッカーがいないという点が大きな理由となっています。
後ほどキープ基準の項目で述べますが、花単の一番の安定択はステンノ&エウリュアレであり、SRエリザベートも含め3ハンドキャラで簡単に止まってしまいます。
だんだん通らなくなっていく打点を最後にこじ開けるのがこのカルデアスであり、場合によってはキルターンから逆算してSRエリザベートに合わせられたブロッカーに2回打つこともあります。また、EX1の枚数を極限まで絞っているため、3ハンドあればほぼ打てるようになっています。終盤でハンドギリギリの勝負をする場合は、ゴミ箱と場にメディアリリィとRエリザベートが何枚落ちているか確認し、残りデッキのEX2の枚数を数えましょう。
なお、現在では清姫を1枚ジャンヌ・ダルクに変えています。正直打点効率はあまり良くないので強いカードではないのですが、ジャンヌを止められるカードが現状ではダレイオス・スカサハ・SRアルトリアくらいなので、「安定して打点を入れる」という役割は担ってくれます。それほどこの花単というカラーリングはアタッカーに困っている色なのです。

2.キープ基準
さて、花単のアタッカー不足についてはデッキ構築の項目で述べた通りなのですが、何をもってキープ基準とすればよいのでしょうか。
あくまでも個人的な見解ですが、僕が思うに絶対にキープと言えるのは「ステンノとエウリュアレが揃っている」ときだけです。それ以外のキープには必ず裏目が存在します。
ただし、マリガンしてもこれ以上はよくならないだろう、というハンドは存在するので、実際にはSRエリザベートとマシュor宝具展開が揃っていたり、ステンノとマリーがいてエウリュアレがいなくても、エウリュアレ待ちでキープをしたりします。
Rエリザベート、清姫などはおおよそキープ基準にはならないので、上記カードの揃い具合でマリガンを決めましょう。この判断が一番花単を使っていて難しいかもしれません。
新弾で花の安定アタッカーが登場することを祈るのみですね。

3.プレイング指南
僕が回すときに気をつけているポイントを挙げます。

①無理にAFを展開しようとするな!
花単の強みは高いサポート値による防御力です。
上述のように「通るかどうかわからないAF」にハンドを割くよりもより確実に打点を止めるためにDFを展開する方が強い場面も多いです。止まらずに殴りきれるハンドでなければ、先攻であったとしてもAF1体でエンドし、相手の展開を見てDFの配置を決めていきましょう。
ただし、SRエリザベート・SRマリーによる瞬間の打点はどの色よりも強いため、「この展開であれば打点レースに持ち込める」という場合は容赦なく叩き込みましょう。


②SRエリザベートは中央AFに置け!
SRエリザベートの打点が通るかどうか、というのが花単において非常に重要なのは周知の通りですが、いかんせんAPはたったの1。とてもではないですが単体でブロッカーを突破できるスペックではありません。3箇所からサポートの恩恵を受けられる中央AFにおくのが、一番突破力が高い配置です。
また、SRエリザベートと相性の良いメディアリリィも中央DFに置くのがもっとも効力を発揮するというのも理由の一つです。サポート込みでDP2のキャラならダウンが取れるため、終盤でも盤面を崩さずにリソースを削ることが出来ます。
この定石については特に花単ミラーのときに絶大な発揮し、それこそ配置次第によってはそのままゲームが決まります。実際にフェスタのときはラスト3回花単ミラーでしたが、相手の右(左)AFのSRエリザベートを見てから、中央DFメディアリリィ・中央AFエリザベートでゲームを優位に進めることが出来ました。

③ハンドを盤面に還元しろ!
花単を使っていくと、中央の攻撃はスルーして左右はサポートで止めるという構図が多くあります。こうなるとハンドに余裕ができてくるのですが(もちろん展開次第ではそう上手く行かないこともあります)、余ったハンドを盤面に還元できるのがカルデアスくらいしかありません。止まっているアタッカーを相打ちしておかわりを出すことは出来ないか、スルーしなければいけない打点をチャンプブロック出来ないかを常に考えていきましょう。
特に早い段階でカルデアスが3枚落ちている場合はこれをしないとハンドが余るわりに打点レースで負けてしまう、ということもあるので注意が必要です。


4.カラーごとの立ち回り
①VS日単
相性的には6:4で有利といったところでしょうか。
相手の移動もち2体のDFに対して早い段階でDFをうめて3点しか通らない盤面を作ることが重要です。AFにエリザベートを出して止まらなかったらラッキー☆ 打点レースに持っていきましょう。
Pドレイクには要注意。展開によっては全く打点が通らなくなります。ステンノエウリュアレも3/0を並べられると通らなくなることもあるので、上手いことRエリザベートを使えると良い感じです。
ダレイオスでSRエリザベートを止められたときは、相手の打点が少なければマシュでゴリ押ししても良いですが、打点レースに持ち込まれているときに3ハンド使うのはテンポ取られて負けるので、ひとまずDFを固めることを意識しましょう。

②VS宙単
ダイヤは3.5:6.5くらい。宙単を回しなれている人であればかなりきついです。
SRエリザベートを止められる3ハンドキャラがスカサハ・アルテラ・SRアルトリアと3種もいるため、止められる可能性がかなり高く、Rアルトリアやレオニダスなどのアタッカーをサポートでとめることはかなり困難です。
一番有効なのがステンノ・エウリュアレ・マリーを3体AFにならべること。
安定して6~7点通せるので残りのハンドを使って全力で打点を止めにいきます。意外とヘラクレスなんかもメディアリリィがいればサポートで止められたりするので上手くキャラを配置しましょう。打点が止まっているのにAFキャラにカルデアスを打っても時間稼ぎにしかならないので、カルデアスを相手AFに打つのはこちらのAFキャラがある程度打点を通せる状態のみ打ちましょう。

③VS花単
先ほどから述べているように配置ゲーです。SRエリザベートは絶対中央!
サポ値がモノを言うため、メディアリリィとヘクトールは重要度高め。またステンノエウリュアレが揃えば終盤以降でも打点が通るため、積極的にそろえて行きたいです。逆にSRエリザベートは中盤以降止められてしまう可能性が高く、通せたとしても盤面を大きく崩してしまう可能性があるため、初手以外では無理に出さなくてもよいです。また、AP4以上のキャラがアレキサンダーくらいしかいないため、ハンドの還元手段として清姫も有効です。


とまぁ気がついたところでこんな感じです。
結構色々書いてみましたがいかがでしたでしょうか?
考え方が独りよがりな部分もあると思うので、まだまだ改良の余地はあるかと思いますが、少しでもプレイの参考になれば幸いです。なお、この記事を書くに当たって最初に花単の回し方を教えてくれたらじあん君には最大限の敬意を表したいと思います。
岡山フェスタは出られませんが、この記事を見て花単使いが増えるといいなーと思う今日この頃でした。
ではでは。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。