わかめんのへや ~りせブログ~

主に神奈川を拠点とする銀符プレイヤー。他にはMTGなども。 出没するのはアキバから横浜あたりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第27回東方銀符律公式大会

こんにちわんわんお、若MENです。

さてさて、1月13日に東京は綾瀬で開催されました公式大会へ行ってまいりましたのでレポートをあげようかと。
・・・と言ってももうかなり記憶から薄れているので本当に簡潔になってしまいますがww
その代わりと言ってはなんですが、今回使用した7弾環境対応花単についても少し解説をしようかと思います。

1回戦 雪単 先攻 ○
中型には綺麗に妖、藁人形が飛んでくるものの、橙や上海などの小型で押し切り。

2回戦 雪単tザ・ワールド 後攻 ○
先攻相手のパチュリーから飛んでくる西行妖3発・・・。白蓮、フランと着地されて完全に負けゲーでしたが相手のプレミを拾ってなんとか勝ち。

3回戦 花単 先攻 ×
先攻で魔理沙、上海置けたのはいいものの、相手には萃香、橙、魔理沙。
結局この萃香を止めることができずに押し負け。
1枚でもいいからイベントを引きたかった試合でした。

4回戦 花単 先攻 ○
こちら天子、魔理沙、橙が出て、相手の美鈴ににとりを刺せる勝ちゲー。ビートミラーはたまにこうしたワンサイドゲームがあるから怖いですね。

5回戦 雪月 後攻 ○
初手のさとりがだいぶ強い感じ。こちらは上海、魔理沙、霊夢と展開するも霊夢に妖、さらに紫、すくすくと出されてかなり厳しい展開に。
それでもなんとか霊夢おかわりと夢想封印を2枚引けたのでなんとかその分で押し切り。

6回戦 雪t日 先攻 ×
こちら先攻幽香、魔理沙エンドとかだったかな?
返しにパチュリーからマエリベリー、新弾霊夢、メルランまで繋げられてかなりの無理ゲー。
最後諏訪子引けたのでワンチャンスあったものの、1点足りずに負け。
途中フラワーショットで1点だけ入れておけば勝ったらしい、謎w


というわけで4-2の16位ということで入賞ならず。
環境的には雪と月がとても多い印象で花単としてはだいぶ辛くなりましたね。
デッキのチューニングは間違っていなかったと思うだけに厳しい時代になったと感じる次第です。

今回使用したデッキは以下の通り。


1 TH-0146 森近 霖之助
4 TH-0028 リリーホワイト
4 TH-0107 橙
3 TH-0330 大妖精
4 TH-0441 身代わり人形
3 TH-0030 鍵山 雛
2 TH-0152 号外配布
3 TH-0234 上海人形
4 TH-0255 犬走 椛
4 TH-0362 霊符「夢想封印」
3 TH-0402 多々良 小傘
3 TH-0491 河城 にとり
3 TH-0076 守矢神社
4 TH-0406 博麗 霊夢
4 TH-0496 霧雨 魔理沙
4 TH-0037 比那名居 天子
3 TH-0499 幽香
2 TH-0408 伊吹 萃香
2 TH-0039 洩矢 諏訪子

前回からの変更点でも述べておきましょうかね。

・霧雨魔理沙
問答無用に強いパンチャー。何も考えず4投で間違いないでしょう。
サポート処理を行ってしまうと効果が強制処理されてしまうことだけは注意してください。
初手に出すのであれば中央をあけるようにプレイすると次ターンに追加したアタッカーが綺麗にサポートに回れるでそうした細かいプレイングにも気をつけていけるといいですね。

・河城にとり
主に橙、すくすくメタ。ただし月にはきのこがあるので過信は禁物。
そうでなくともDP3あるから突破されづらいんですけどね。
相手に橙+デキボ持ちが出ていて2点稼げるような状態なら優先して出していく感じで。
メタ次第ではありますが、置きたい場面も多いので3投。

・幽香(フラワーショット)
7弾コモンの方。
アンコモンと悩むところではありますが、能力の有用性を考えると断然こちら。
イベントが引けないとき、天子がハンドに溜まっているとき、相手に蓮子出されたとき、能力をしゃべる場面はいくらでもあります。宣言時にカードを切るor枚数を指定するわけではないので、対応でなにかされても問題ないのもポイント。
使ってみるとわかりますがかゆいところに手が届く、非常に使い勝手のいいカードです。
本当は4投したいのですが、枠がなかなか取れず3投。

新弾で投入したカードは以上の3枚です。
デッキ全体としては中型アタッカーを安定して供給できるようになったので、初手の安定度が格段に上がった印象。
ただ、花星と比べて1ハンドブロッカーの枚数は減っているのでチャンプブロックのタイミングにはくれぐれもご注意を。DFにハンドを割きすぎるのも良くないですがある程度固めつつプレイをする必要がありそうですね。

環境的には雪がだいぶ強くなってきた印象なのでいままで勝てていた相手に勝てなくなってしまったのが辛いところ。かと言って小型で攻めれば良いかと言われるとそういうことでもなさそうなのでなかなか難しいですね。
今までよりも先行ゲーやごり押しできなかった時のプレイングにより一層磨きをかけられるよう精進していきたいところです。

簡単にでしたが今回のレポートはこのあたりで。
気が向いたら詳しい環境考察とかやるかもしれませんw

ではではーノシ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。